広島の税理士 山岡税理士事務所
税務・会計支援
相続対策
営業補償金算定業務
資金調達
確定申告
会計顧問・起業家パック

情報発信サービス
お客様の声/導入事例
サービス内容
事業所概要
お問合せ
随時、採用を受付けております
トップページ
今月のカレンダー
<< 2018年12月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

HOME >> 職員写真日記(フォトログ) >> エンターテインメント

Mountain Mama【大山】

前の記事へ 
日付: 2018/10/11(Thu,)

鳥取県にある、大山(標高1,729メートル)を見に行きました。大山は、日本百名山の一端をなし、中国地方の最高峰であることは、言うまでもありません。今年は、開山1300年という節目を迎え、例年以上に盛り上がりを見せています。

大山は見る方角によって、その姿を一変させます。私は、大山の南側に位置する鍵掛峠や烏ヶ山山頂から、大山を眺望することが多いです。南側からは、大山の最高点であり、今なお登山禁止となっている剣ヶ峰を見ることができます。草木が生えず、山肌の崩落が激しい南壁は、正に“難攻不落の要塞”、山や自然が持つ厳しさを感じさせます。

今回は、大山の西側に位置する、鳥取県伯耆町の麓より、大山を眺めました。山容は、綺麗なシンメトリーの台形で、別名“伯耆富士”と呼ばれることにも納得できます。山頂の弥山付近を覆う青々としたダイセンキャラボクを見ていると心穏やかになり、田園風景の中にずっしりと佇む大山からは、1300年という想像もできない時間、人々の生活を見守ってきた優しい雰囲気を感じるのです。

Life is old there, older than the trees
人生は昔ながら、木々の営みより古く、
Younger than the mountains, growing like a breeze
山より若く、風のように流れていく

JohnDenverが歌った“TakeMeHome,CountryRoads”に出てくる歌詞は、まるで大山と、麓で生活してきた人々の人生を表しているようです。中国地方出身の私としても、大山には特別な思いがあります。ウェストバージニア州の雄大な山々と比べても、見劣りしない中国地方が誇る山“大山”…私にとって大山は、故郷の山であり、母なる山なのです。(加藤)