広島の税理士 山岡税理士事務所
税務・会計支援
相続対策
営業補償金算定業務
資金調達
確定申告
会計顧問・起業家パック

情報発信サービス
お客様の声/導入事例
サービス内容
事業所概要
お問合せ
随時、採用を受付けております
トップページ
今月のカレンダー
<< 2018年11月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

HOME >> 職員写真日記(フォトログ) >> エンターテインメント

十人十色【世羅高原】

前の記事へ次の記事へ  
日付: 2018/06/27(Wed,)

広島県世羅町にある、世羅高原農場に行きました。世羅高原では、ゆり祭が開催されていました。農園には、白、オレンジ、黄色、赤といった色とりどりの、ゆりの花が咲いていました。

ゆりの花は、色や種類によって、花言葉が違います。色では、白は『純潔・威厳』、オレンジは『華麗・愉快・軽率』、黄色は『偽り・陽気』、赤は『虚栄心』という花言葉です。また、種類では、カサブランカは『威厳・純潔・高貴』、登山の際に見かけるヤマユリは『荘厳』、テッポウユリは『純潔・甘美・威厳』、オニユリは『賢者・富と誇り』、ササユリは『清浄・上品』という花言葉になっています。先日、ブログで紹介した春の妖精“カタクリ”も、実はユリ科の植物で、『初恋・嫉妬・寂しさに耐える』という花言葉があるようです。

良いイメージもあれば、悪いイメージもある花言葉。花言葉の違う、様々なゆりの花が並んでいる姿は、それぞれが個性を持っているようで、人間らしさを感じます。まるで人間社会の縮図を見ているようで、売店で購入したゆりのサイダー『リリースカッシュ』のさわやかな風味も、どこか苦みを感じる一日となりました。(加藤)