広島の税理士 山岡税理士事務所
税務・会計支援
相続対策
営業補償金算定業務
資金調達
確定申告
会計顧問・起業家パック

情報発信サービス
お客様の声/導入事例
サービス内容
事業所概要
お問合せ
随時、採用を受付けております
トップページ
今月のカレンダー
<< 2018年7月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

HOME >> 職員写真日記(フォトログ) >> エンターテインメント

闘う戦士たちへ愛を込めて【寺原古墳】

前の記事へ次の記事へ  
日付: 2018/06/21(Thu,)

広島県山県郡安芸太田町の津浪地区にある、寺原古墳を見に行きました。寺原古墳は、二年前に廃校となった津浪小学校のプール建設事業の際に発見されました。発見された際には、既に現状保存が不可能な状態であったため、プールの側に、二基の古墳が復元されていました。

案内看板によると、寺原古墳は、六世紀後半のものだそうです。各地にムラやクニができ、争いが起きるようになった弥生時代を経て、中国より渡来してきた人々から鉄や米作りなどの技術が伝えられ、王と呼ばれる指導者が現れ、少しずつ日本という国家が形成されてきた時代です。言わば、日本国家の原点となる、この時代の有名人と言えば、遣隋使の小野妹子でしょうか。約1500年前より、長い歴史のある中国と対等に渡り合うため、命をかけて海を渡った先人達が生きた時代です。製品や技術力など、様々な側面で世界をリードする今の日本を、当時の人々が見ると、どのように感じるのでしょうか。ゴールデンウィークに見た姫路城もそうですが、大きな歴史の分岐点となるような激動の時代の遺産を見ると、その時代を生きた人々の思いが伝わってきて、今を生き、孤軍奮闘する者にとっては、パワーを与えられ、勇気づけられるのです。

寺原古墳がある津浪地区は、可部線の廃止問題で揺れた場所です。当時、大ヒットしていたサザンオールスターズの『TSUNAMI』に掛けて、サザンオールスターズを呼んで、地元を活性化させ、可部線の存続を図ろうとする廃止反対運動は、今も記憶に新しいです。当時、反対運動を行った人達も、寺原古墳に、勇気づけられたのではないでしょうか。

日本の原風景が残る津浪地区…この場所には、過去から現代、そして未来を生きる人々に勇気を与えるパワースポットが存在していました。
(加藤)