広島の税理士 山岡税理士事務所
税務・会計支援
相続対策
営業補償金算定業務
資金調達
確定申告
会計顧問・起業家パック

情報発信サービス
お客様の声/導入事例
サービス内容
事業所概要
お問合せ
随時、採用を受付けております
トップページ
今月のカレンダー
<< 2018年10月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

HOME >> 職員写真日記(フォトログ) >> エンターテインメント

いずれ菖蒲か杜若【二反田溜池】

前の記事へ次の記事へ  
日付: 2018/06/1(Fri,)

山口県美祢市美東町にある、二反田溜池にカキツバタの群生を見に行きました。5月中旬から6月上旬にかけて、二反田溜池では、カキツバタが見頃を迎えます。池の中には、紫色や白色の美しい花が咲き乱れていました。

長年登山をしており、高山植物や山野草の類には精通しているつもりですが、未だにアヤメ、ショウブ、カキツバタの見分けがつきません。花の色や形などの見た目は勿論のこと、開花する時期も同じです。アヤメとショウブにいたっては、漢字で表記する場合、『菖蒲』と全く同じ字です。(ちなみに、カキツバタは『杜若』と表記します。)

見分け方をインターネットで調べてみると、アヤメは乾燥した場所、ショウブとカキツバタは湿地帯に咲くとのことですので、アヤメについては、すぐに判断できそうです。さらによく調べてみると、それぞれ花びらの根元部分の模様が違うようです。アヤメは網目状の模様、ショウブは黄色い目の形の模様、カキツバタは白い目の形の模様があるそうです。ショウブとカキツバタについては、遠目で判断することは難しく、見分けるためには近づいてじっくり観察するしかありません。

しかし、アヤメ、ショウブ、カキツバタ…いずれも、春を彩る美しい花に変わりありません。『いずれ菖蒲か杜若』とは、よく言ったものです。(加藤)