広島の税理士 山岡税理士事務所
税務・会計支援
相続対策
営業補償金算定業務
資金調達
確定申告
会計顧問・起業家パック

情報発信サービス
お客様の声/導入事例
サービス内容
事業所概要
お問合せ
随時、採用を受付けております
トップページ
今月のカレンダー
<< 2017年11月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

HOME >> 職員写真日記(フォトログ) >> エンターテインメント

リベンジ【三ツヶ峰】

前の記事へ次の記事へ  
日付: 2017/04/25(Tue,)

先週登頂できなかった、山口県山口市徳地にある三ツヶ峰(標高970メートル)に再挑戦しました。先週の計画通り、三ツヶ峰から野道山への縦走を考えて、野道山の登山口に車を置いて登山開始です。林道を進むと、先週訪れた因縁の三ツヶ峰登山口(本谷コース)が姿を現しました。すぐ側には、私の命を救った佐波川の源流である小川が流れています。本日は、この登山口を通り過ぎ、さらに林道を進みます。

先週とは打って変わって、天気は快晴です。日光に照らされた春紅葉が大変美しいです。しばらく行くと、山口県と島根県の県境、林道の峠(仏峠)に到着しました。この峠に三ツヶ峰のもう一つの登山口(仏峠コース)と、弟見山の登山口があります。今回は、先週の雪辱を果たすため、迷わず三ツヶ峰への登山ルートに歩みを進めました。急登ですが、本谷コースとは正反対の歩きやすい登山道が続きます。ツツジやアセビなどの春の花も、ちらほら見かけるようになりました。山頂までは、樹林帯の中を進むのですが、途中、弟見山方面に開けた展望がありました。普段は、弟の莇ヶ岳を守るかのように雄大に聳え立つ兄の弟見山ですが、今回は違った一面を見せてくれました。散らずに残ったヤマザクラのピンクが弟見山を彩っていたのです。その姿からは、兄のような強さではなく、弟を見守る姉のような優しさを感じました。季節によって、イメージがガラッと変わるのも、山の面白みの一つです。

幾度かのアップダウンを繰り返し、山頂に到着です。山頂からの景色は絶景で、目の前には年始にブロッケン現象を見せてくれた長門富士“十種ヶ峰”が大きく美しく佇んでいます。十種ヶ峰の麓には、水田が広がっており、空のスカイブルーが鏡のように反射して、とても綺麗です。三ツヶ峰に登らないと見ることのできない絶景です。

三ツヶ峰の山頂の先には、野道山への縦走路が続いています。このまま野道山に登るか、引き返し普段とは違う姿を見せる弟見山へ登るか、又は三ツヶ峰山頂から見た絶景の十種ヶ峰に登るか、大変悩みました。時刻は、午前11時30分。決意し、次なる山を目指して三ツヶ峰の山頂を後にしました。次なる山でも、普段見ることのできない得も言われぬ絶景が待っていることをこの時、私はまだ知らないのでした。

(加藤)