広島の税理士 山岡税理士事務所
税務・会計支援
相続対策
営業補償金算定業務
資金調達
確定申告
会計顧問・起業家パック

情報発信サービス
お客様の声/導入事例
サービス内容
事業所概要
お問合せ
随時、採用を受付けております
トップページ
今月のカレンダー
<< 2019年11月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

HOME >> 職員写真日記(フォトログ) >> エンターテインメント

ウインド・リバーの恐怖【安蔵寺山】

前の記事へ次の記事へ  
日付: 2019/01/15(Tue,)

お正月休みに見た映画『ウインド・リバー』に登場する監察医は、『気温が零下30度となるような地域では、空気を吸うと、肺が一瞬で凍結し即死する。』と語っています。その言葉が頭をよぎったのは、目の前に広がる風景が、映画の舞台となったウインド・リバーの銀世界を連想させたからでしょうか。急登と足に絡みつく雪で、いつも以上に息が上がっている状況が、映画の場面とリンクしたからでしょうか。はたまた、人がいない雪原に独り取り残されたかのような心細さや不安を感じたからでしょうか。腕時計が示す、島根県最高峰の気温は3度。ウインド・リバーで起こるような現象は、起こるはずがないにもかかわらずです。

島根県益田市、津和野町、吉賀町にまたがって存在する安蔵寺山(標高1,263メートル)に登りました。登山口から山頂まで延々と急登が続く高尻ルートは、私の大好きなコースです。

中腹にある、廻り岩の辺りから、登山道は雪に覆われるようになりました。雪道を、人が歩いた形跡は無く、新雪を踏む喜びを感じました。登山道の脇には、餌を探すウサギやタヌキの小さな可愛らしい足跡も残っていました。三角屋根の避難小屋まで行くと、景色はさらに一変しました。木々には、つららが垂れ下がり、雪は、膝下までに達する積雪量となりました。かろうじて分かっていた登山道も目で追うことが難しくなりました。先程までの余裕はなくなり、頭の中が不安で一杯になりました。何度も歩いた登山道です。自分の経験を頼りに、山頂を目指しました。山頂直下の大急登は、アイゼンを持ってきていない私を、さらに苦しめます。一回でも滑り転げてしまえば、大怪我は免れません。一歩一歩に、神経を集中させます。

雑木林を抜け、青空が広がる雪原へと辿り着いた時には、安堵で雪の上に倒れこんでいました。この雪原まで来れば、安蔵寺山の展望台を目視できるからです。多くの登山客で賑わう展望台も、本日は貸切です。しんと静まり返る展望台に腰を下ろし、肌と肺で、冷たくも清々しい空気を感じていると、自然と一体になれた気がして心地良いです。そして、目の前に広がるのは、大神ヶ嶽や赤谷山、小五郎山、鬼ヶ城山、羅漢山といった1,000メートル級の山々が雪化粧をしている姿です。普段では見ることの出来ない美しい光景は、ウインド・リバーの恐怖を一蹴してくれました。

(加藤)